スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

肥満が寿命を短くする

私の体は どちらかと言うと肥満体です。もうこの体になってから結構たちます。
年齢的には まだ動けるし スポーツしても 並みには動けるので 周りには「動ける豚」と呼ばれてます

しかし太っていることで弊害になること 例えば服のサイズが無い デザインが少ないなど・・・
でも服がないとか そういう問題より重要なことがあります。
肥満と健康に関することです。

太っていること自体で直接死に結びつくことは無いですが、肥満によって合併症率は、かなり高くなります。
通常の人と比べると 糖尿病が5倍 高血圧が3.5倍 胆石症が3倍 痛風が2.5倍 心臓病も2倍リスクが上がります。

私の父は肥満では無かったですが糖尿病を持ってました。
数年前に他界しましたが 亡くなる半年前には 目が見えなくなったり他の病気の処方された薬が全く効かなかったり・・・ 最後は心臓、すい臓。腎臓に障害 これすべて 糖尿病からくる合併症でした。
糖尿病って自覚症状が出にくいのと 治療法が食事療法が中心なので ダイエットすることと似ています。
肥満体質の人は遺伝もありますが 食生活や日常生活において 悪い習慣が身についてると思われる人たちです。
したがって 糖尿病にもかかりやすい環境にあります。

太っていると腰や膝 関節に大きな負担をかけています。膝は特に骨と骨をクッションにする軟骨が磨り減り やがて炎症をおこして歩行も困難になり ますます運動が出来ない体になってしまいます。
そして また太るの悪循環に陥ります。

太ってることは いますぐ命に関わる病気ではありませんが 命を縮める要因をいくつもつくり 死への近道を作ってしまいます。
最近感じることは 「自分の体だから どうなってもいい」って以前は思ってました。
しかし 最近は、家族や子供ために迷惑かけれないと感じるようになってきました。
子供や奥様のために 自分のためにも 生きるためのダイエットを行いましょう。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

vofafone1ban

Author:vofafone1ban
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。