スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

満腹感を満たされる方法

いくらダイエットに良い食材をチョイスしても食べ方の違い、また生まれもったDNA(遺伝)などで人それぞれ違いが出ます。これは仕方の無いことですね。 生まれつき美人に生まれれば たいした努力も無しで美人でいられるのと同じかな。
でも食べ方の基本は いかに満腹を味わうかで摂取カロリーも違ってきますね。

例をあげますと空腹時に水だけを飲んでも何も食べない飲まないより胃の中は マシになるってありますよね。
満腹感を生み出す一つの要素が血糖値の上昇ですね。人は、何かを口にすると糖類が分解されて ブドウ糖が血液で運ばれ脳に達し満腹感を伝えます。

空腹時に甘いもの食べて気分が悪くなったり、早食いすろと たくさん食べて太る原因になるのは 当たり前のことです。 しっかり噛んで ゆっくり食べるように 最近は特に小学校のころ食育のテーマで子供たちや保護者対象に指導することが増えました。
これは 子供のころから肥満体質の予備軍を作らないためにです。腹持ちをよくすることは大事だからです。

満腹感を味わうには 一定量の食事を決まった時間にとり、炭水化物もバランスよく撮るのが必要です。

では空腹は なぜおこるのでしょうか。血糖値の低下が一番の要因だとされてますが 他に考えられることがあるのです。
満腹でも 食後に好きなデザートが出てきたら きっちり平らげたり、逆に緊張感あるような場面では 食事が喉も通らないってことありますよね?

体の仕組み以外でも 視覚や記憶、味覚などで脳の信号が変わることもあるのです。
このようなことから 空腹感のコントロールは非常に難しく 複雑で意思の問題もあり 難しい要素と言えます。

まずは 習慣ずける 大事なこと。 普段食事する場所に張り紙でもしておくとよいでしょう。

★早食いは避ける ★しっかり 噛む ★ おかずのバランスを考える

しっかりと目標をもち 日々の食事を変えていく努力が必要です。
次回は どういった工夫があるかを書いていきたいと思います。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

vofafone1ban

Author:vofafone1ban
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。